MENU
今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!
無料ビデオ講座のご案内
ビデオレジェンズ 代表:平尾としのりKindle本
kindle本平尾としのり
未経験から6ヶ月で稼げる動画クリエイターになる方法 こちらをクリック!

動画編集で結果を出すためのマインドセット

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!

無料ビデオ講座のご案内

こんにちは、動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ) 代表の平尾です!

今回は動画編集で結果を出すためのマインドセットについてお伝えします。

マインドセットっていうのは、”考え方”のことです。

何を取り組むにも、物事の考え方や捉え方ひとつで、結果の出方が変わってきます。
ぼくも会社員時代から現在にかけて、考え方をブラッシュアップしてきたからこそ、稼ぐことを継続できていると思います。

なので今回は、動画編集で結果を出したいと思っている方に向けて、行動の根本となるマインドセットについて
お伝えしていきたいと思います。

稼ぎにすぐ繋がるような、方法やテクニックが知りたいと思う方もいると思います。
ですが今回の話は、小手先のテクニックに安易に食いつき、簡単に稼ぎたいと思う人ではなく、
「本気で人生を変えたいんだ」という想いのある人に届いてほしいと思っています。

考え方の基盤があるからこそ、スキルが活かされるんですよ。

僕自身も会社員で働きながら副業を始めて、6か月目には毎月60万円の収入、
そして今では会社員をやめてフリーランスとして活動できるようになりました。
そのような状態になるまでに、必要だったマインドについて解説していきたいと思います。

目次

自分の完璧に期待しすぎない

できるようになってからではなく、先に仕事をとる

結論から言うと、できるようになってから仕事をとるではなく、先に仕事をとることが、
最短で結果の出る考え方です。

なぜなら、「完璧にできるようになる」っていうと、その「完璧」の基準はどこにもないからです。

どんなものなら完璧なのか、その基準は明確には存在しないです。
なのでそこを目指していては、いつまでも前に進むことができないんです。

収益を出すためには、収益を出すためのことをやる必要があります。
それをせずに稼ぐことはできませんよね。
1円でもいいから稼ぐためには、まずはアクションを起こすことから始まります。

完璧を待っていたら人生が終わる、と言っても過言ではないかもしれないです。
結局、勉強とか自分を磨いていくってことに終わりはないのです。

人は行動しない正当な理由を探すのが得意な生き物

Ready Fire Aim の考え方を例に深堀りしていきたいと想います。

Ready Fire Aim とは、

Ready  「構え」= 準備すること。
Fire 「撃て」= 実践すること。
Aim 「狙え」= 修正すること

を指します。

これは襲撃の時の掛け声で使う表現です。ビジネスの視点に言い換えると、
「行動しながら修正して実践していきましょう」という考え方のことを指します。

しかし、世の中の9割の人は行動をしないんですよね。
人は行動しない正当な理由を探すのが得意な生き物なんです。
たとえば、

・お金がないからできない
・本業が忙しいからできない
・自信がないからできない

というような、自分にとって都合のいい言い訳を見つけて、先延ばしにしたり、結局やらなかったりするんです。

挑戦したり、実践しない変わりに、自己啓発本を読んだり、稼げる情報っていうものを探したりしていませんか?
確かに、気分が落ち込んだり、モチベーションが下がった時に、いろんな情報に触れることは大切です。
でも、自己啓発本を読んだからといって、なにも行動を起こさなければ、
それはあなたの理想とする未来にはまったく近づいていないんです。

だから、理想論に気分を任せるのではなく、まずは仕事をとり、実践することが大事なんです。

動画編集に限らずですが、勉強だけではなく実際の仕事の中で学ぶことの方が格段に多い
と僕自身も感じるので、1番にお伝えしました。

動画編集を勉強し始めた人でもやっぱり「まだ勉強不足なのでもう少し練習してから」と仕事獲得に尻込みする人、多いんです。
でも考えてみてください。勉強不足だから仕事ができないのであれば、勉強が十分になればできるということですよね。
でも勉強が十分になるのはいつなんでしょうか

勉強は生きているかぎり一生するもの

勉強は生きているかぎり一生するものだと僕は考えています。

本を読んだり、クライアントさんと関わる中で、日々積み上げて行くものです。
勉強不足が、十分に解消されるまで待っていたら、一生仕事は獲得できないと考えてもいいかもしれないです。

経験上、いろんな人を見てきて、「仕事取って来ちゃった。まだ何もできない。どうしよう!?」
という人の方が成長が早いです。
なぜかというと、なんとかせざるを得ないので必死に切り抜ける方法を考えるからです。

なんとかするために、必死に学んで即座に仕事でアウトプットをしたり、それでも難しい時は仲間に頼る。
そして仲間の仕事を学ぶことを通じて、コネクションが深まる、ということを繰り返し、その中で実績が積みあがるんです。

最初から完璧に仕事ができる人はいないですよね。
失敗したくないという感情は、自分に期待しすぎているという感情の、裏返しとも言えます。

人は平然と自分の期待を自分自身で裏切る生き物です。

自分は赤ちゃんなんだと思って、初めてだから失敗してあたり前だ!
くらいのスタンスでいる方が、実践と修正も早くなるし、動画編集を通しての収益も上がっていきますよ。

まずは行動を細分化

それでも、仕事をするのは、不安が大きいですよね。
そのような方には行動の細分化を、紙に書き出してみることをおすすめします。

月収10万を達成したいという目標があったとします。そしたら、あなたはまず何をしますか。
もしくはどのような行動が必要だと思いますか?
行動できない人は、行動ベースで考えられていない人が多いんです。

仕事を取るためには、まず仕事を取るアクションを一つでも起こすところからです。
最短でお仕事を取る方法については、僕のYouTubeチャンネルの動画を参考にしてみてください。

一人でやろうとしない

使える時間は限られている

動画編集は時間のかかる作業です。
例えば、副業から始める場合には、使える時間も限られていますよね。
たくさんの編集案件を受けれたとしても、こなせるスピードには限界があります。

だから、お仕事がどんどんとれる様になってくると、立ちはだかるのがキャパオーバー問題です。

よくある仕事の一つに、ビジネスYouTuberの継続案件がありますが、
月に10本とか15本を一人で編集していこうと思ったら、できなくはないと思いますが
けっこうハードですし、自分が体を壊したりしたらクライアントに迷惑もかかりますよね。

独学の落とし穴

そして、独学には落とし穴があります。

〜1〜 第三者の視点がない

これは評価してくれる人がいないということですね。
例えば、初めて動画編集で収益化を考えている人は、その作業が実利に繋がっているのか、
そうでないのかって、独学で分かりますか?
動画編集で、収益を出したいのであれば、動画編集で稼いでいる人に、
自分の仕事の過程を見てもらい、フィードバックを受ける。
そうして、改善と修正を繰り返すっていうことがスキルアップをしていく最短の方法です。

〜2〜 相談できる人がいない

そもそも、人は自分自身に一番甘い生き物ですね。
少しつまずいただけで、逃げるための正当な理由を並べてしまうんです。

〜3〜 効率が悪い

分からないと思ったときに考えるのは、ネットで調べるっていうことですよね。
もちろんまずは自分で調べてみるというのは大事ですし、
それで解決していけるのが自分の知識にしていく上ではとてもいい方法です。

でも、
検索して、自分のピンポイントの悩みが解決されるまで、何分、いや、
何時間とかかることはないでしょうか。

もしも、実践している人に、すぐに相談できるとしたらどうでしょうか。
自分より先に行く人は、どこで迷い、どこでつまづくのかを、すでに経験しているからこそ、
アドバイスも具体的にできますし、あなたの悩みは手を取るように分かるんです。

頼れる人がいないという人はオンラインサロンやスクールのような、
同じ志をもつ人同士で集まることができるところに、参加してみるのもいいかもしれませんね。

うまくいく方法をとにかく真似する

守破離という考え方

最後は、うまくいく方法をとにかく真似することです。モデリングとも言います。

なぜこれが大切な考え方なのかというと、「守破離(しゅはり)」と呼ばれている考え方で、 
どんな世界でも先人の知恵を活用することが、成果を出すためには必要だと言われています。

守破離というのは、日本の茶道や武道などで使われてきた、師匠に対する弟子の成長の過程のことを指します。

「守り」・・・師匠の教えを守り、基本を身につけて、
「破る」・・・基礎に加えて、個人の創意工夫で型を破り、
「離れる」・・・基本から離れて、自分の世界に入りこむ。

ということを指します。
この考え方において、真似る時の注意点があります。
成功した人が、成功していなかった頃に積み上げていたことをモデリングすることが大事、ということです。

「月収100万円!すごい!」
「○○さんのような、時間に縛られない生活がしたい!」
という表面上の姿ではなく、どのようにしてあなたが憧れる今に行きついたのか、という、
過程の行動の分析をして、モデリングすることが重要なんです。

成功している人の今をモデリングするだけでは、成長はないと思います。
モデリングしたい人の、ものの考え方を真似することも、重要です。

動画編集のノウハウを知ることだけが、真似ることの目的になってはいけないんです。

人として、どのような在り方をしているのか、人生にどのように向き合っている人なのか、
人との付き合い方など、そのような考え方を学びとる機会にもなります。

これから、会社を辞めようと考えている人や、独立を考えている人は、
会社の中で生きていくためのマインドは知っているでしょうが、
独立しても倒れないための考え方は身についていませんよね。

どんなに優れたノウハウを手にしても、軸にしていく考え方や人としての在り方というものが、この先必要になってきます。
ものごとを継続していくための心構えは大切です。

「何を」やるかより「誰と」やるか

また、何をやるかではなく誰と仕事をするのか、ということもとっても大事になってきます。

人は一人では生きていけないです。
無いものをお互いに補ったり、助け合うことで、できることが増えるからです。

何を重視して仕事をしていきたいのか?
という質問は、あなたが望んでいるキャリアを作っていくためには、避けては通れない質問だと僕は考えています。
今までなんとなく稼ぎたい、なんとなく独立したいと考えていた人は、この記事をきっかけに考えてみてほしいです。

独立することも、フリーランスになることも、稼ぐことも「手段」でしかありません。

月に100万円稼ぎたいという人はたくさんいますが、その先を考えている人は1割もいないかもしれませんね。
それでも、どんな成果を上げるか、どれだけすばらしい仕事をするか、というところが大事だと考える人もいると思います。

成果は稼ぐためには欠かせないことです。
でも、仕事をお願いしたり、依頼するのは、人ですよね。
稼ぐためには、人との関わりをなくすことはできないんです。
信頼できる人との繋がりを構築するためにも、一人にならない環境は大事だなって、僕自身振り返ると思います。

最後に

簡単にまとめると
1.自分の完璧に期待しすぎない
できるようになってから仕事をとるのではなく、先に仕事をとることが稼ぐためには最短です。

2.一人でやろうとしない
独学には限界があります。頼るということも、スキルです。

3.真似るところから始める
真似することに抵抗がある人もいるかもしれませんが、原理原則を押さえるためには、
真似して学ぶほうが、成果は出しやすいです。

そして、誰と仕事をするのかが大事です。
人は一人では生きていくことはできません。だからこそ、繋がりが大切なのです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
少しでも役に立つことがあれば嬉しいです。


動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ)では、独立するため、動画編集で成功するためのノウハウを公開中。

無料セミナー動画の視聴はLINE公式アカウントで!

『動画を収入にしやすい5つのジャンルとは?』
『短期間で動画スキルを上げるコツ』
『売り込まずに自然と売れる仕事の獲り方』
『安定収入を作るための仕掛け』
『未経験から動画のお仕事を獲得する方法』

LINE公式アカウントで無料動画を視聴しよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!

無料ビデオ講座のご案内

この記事を書いた人

平尾としのりのアバター 平尾としのり VIDEO LEGENDS 代表

870名を超える動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS代表。元会社員で副業・未経験で動画クリエイターを始め、6ヶ月目には毎月60万の収入を得る。8ヶ月目に脱サラ。

目次
閉じる