MENU
今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!
無料ビデオ講座のご案内
ビデオレジェンズ 代表:平尾としのりKindle本
kindle本平尾としのり
未経験から6ヶ月で稼げる動画クリエイターになる方法 こちらをクリック!

稼ぎたい動画編集者がやっていないこと

稼ぎたい編集者がやってないこと
URLをコピーする
URLをコピーしました!

今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!

無料ビデオ講座のご案内

こんにちは、動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ) 代表の平尾としのりです!

今回は『稼ぎたい動画編集者がやっていないこと』というお話です。

この記事を読んでいる人は、
これから高単価案件を受注し稼げるようになりたい人、
またはこれから動画編集を仕事にしていこうと考えているけど、
どうやっていけば稼げるようになれるかイメージができない、
という方が多いのではないかと思います。

僕自身が会社員時代、未経験から動画を学び始めて副業で月収60万を稼ぐことができて、
結果独立して、今ではさらに収入が増えてきているという事実があります。
もちろんそれは、学び始めてすぐに高単価な仕事を受注したわけではなくて、
最初の1~2カ月はスキルアップのために低単価のお仕事もやってきました。

そこから、高単価の仕事を受注する方法を知って、それを素直にやってきたことで収入が上がってきたということがあるので、この記事の信頼性の担保につながるんじゃないかと思っています。

目次

動画編集の案件:稼げる高単価案件と稼げない低単価案件の2種類がある

稼げない動画編集者には低単価案件の話のみが来る

まず最初に理解して欲しいのが
動画編集の案件には稼げる高単価案件と稼げない低単価案件の2種類があることです。

当然ですが、
稼げない動画編集者には低単価案件の話のみが来て、
稼げる動画編集者には高単価案件の話と低単価案件の両方の話が来ます。

これは当然ながら『低単価案件=技術力(能力)が低い』、
『高単価案件=技術力(能力)が高い』と認識され、

必然的に高単価案件は技術力があり稼げる動画編集者に話が行き、
稼げる動画編集者がやらない低単価案件が、
技術力の乏しい稼げない動画編集者に落ちていくということです。

依頼する立場から考えてみよう

依頼する立場から考えれば当然の事ですよね

高い報酬を払っているのに質の悪い動画を納品されたくはないですよね。
実績がありちゃんとお仕事を頼める人にお願いしたいと考えるのは当然のことだと思います。

ではどうして稼げない動画編集者には高単価案件の依頼が来ないのでしょうか?

例えば10万円の単価の依頼で、「こんな雰囲気の動画にしてほしい」と依頼したのに、
依頼主の意図に沿わない動画が納品されて、
「なんか違う。。」「いや、こうしてほしい」
というやり取りをしてもなかなか思うような動画にならない、となる。

そうすると、この人にはもうお任せできないとなりますよね。
これは考えなくても当然の話しだとあなたもご理解いただけると思います。

ではこれはどうでしょう。

5万円単価の案件があったとして、
依頼主からは単純なテロップと画像を入れてほしいという別々の編集の案件依頼を
AさんとBさんに依頼したとします。

Aさんは依頼どおり単純なテロップと画像を入れるだけで納品しました。

一方Bさんはテロップをこだわったデザインにし、
効果音(SE)を入れ、テロップに動きを出したりとアイディアを盛り込んで、
この動画をもっと良くできないかということを考えて提案し、その依頼以上のことを与えてくれました。

AさんとBさんを見比べたときに次回からお願いしたいと思うのはどちらでしょうか?

僕ならもちろんBさんにお願いすると思います。
むしろ次回からAさんにお願いしていた案件もBさんにお願いしたいとなります

ここで思うのが、Aさんは確かに依頼どおりにやったし悪いことはなにもしていないのに。。。
とそう思ってしまう人もいるかも知れません。
たしかにAさんはなにも悪いことはしてませんし、むしろ依頼どおりにやったと思います。
でもAさんよりもBさんの方が依頼主に依頼以上のgive(提供)をしたからの結果なんです

give and giveの法則

ここであなたに覚えてほしいのが
ビジネスでは『give and take』 とよく言われますが、
人と人との関係においては『give and give』の精神が大切 なんです。

これを『give and giveの法則』といいます。

『give and giveの法則』ってなに?っという方に説明すると、
相手に何かを与える代わりに何かをもらうことを『give and take』といいます。
これはあなたも良く聞いたことがある有名な言葉だと思います。

一方で見返りを求めずに与え続けることを『give and give 』といいます。

皆さんの多くはおそらく自分が受けたい仕事がほしいのに
give(与える)というのは一見矛盾していると感じた方も多いと思います。

でも人は何かしら人からもらった時や、
何かをしてもらった時に相手に『お返しをしなくては申し訳ない』という気持ちになります。
give and give 精神の人のところにはその人が意図しなくても、
いろいろなお返し(情報や案件)がどんどん戻って来るんですね、
不思議なことに。

良い情報が沢山集まればさらに稼げるようになります。

自らgive and give し依頼主から信頼を得たBさんに対して
更に高い報酬を出せばもっとクオリティの高い仕事をしてもらえると、
依頼主は喜んでBさんに10万円、20万円、50万円の高単価案件を依頼するようになるでしょうし、

また依頼主の横の繋がりでBさんに案件を紹介してもらえ、
どんどん依頼が増えて高単価案件を受注できるようになっていくかもしれません。

一方でAさんはBさんのような付加価値を与えてくれる動画編集者に
どんどん案件を取られて低単価な案件だけを受けざるを得なくなっていくでしょう。

これが稼げる動画編集者と稼げない動画編集者の決定的な違いです

give精神

大切なのは「与える気持ち」

ホリエモンこと堀江貴文さんもこういってます。

今の時代、良い情報は無料で手に入る。ビジネスアイデアはいたるところに落ちているし、お手本になる人も大勢いる。
これほど恵まれた環境が整っている社会で、
「あなたは信用できる」という評価を得るためには、生半可な才能や知識は役立たない。
大切なのは、「与える気持ち」だ。

更に信用を得るためには、相手と「give and take」という関係性を築くだけでは足りない。
「give and give」、さらに「give!」くらいの気構えが必要で。
相手に惜しみなく与える。
見返りなど期待せず、相手の想像をはるかに超える何かを与えることこそが、信用を得る近道だ。

確かにgiveする時に『~してあげる』という気持ちでいると、
お返しが帰って来なかったときに『あの時助けてやったのに!』とか
『せっかく教えてあげたのに』『サービスしてあげたのに』と思ってしまいますが、

堀江貴文さんは更にこういいます。

私が頻繁に会いたい、助けたいと思う人はみんな気前がいい。
会うたびに、何かポジティブなものを与えてくれる。
ビジネスに使える貴重な情報や抜群に話が面白いなど。
一緒にいると気持ちいいとか、人格的なものでも価値になる。

ぼく達のやっている職種と堀江さんとは違いますけど、
動画編集や動画制作を収入の柱としてビジネスとしてやっていきたいのであれば、
ビジネスの世界で成功している人の「考え方」をとにかく素直に取り入れてみるっていうことが大事です。

最後に

稼げない動画編集者の特徴はAさんのように最低限の仕事しかせずに、giveの精神がなく
また、テロップ起こしのような作業的な依頼しか受けずに、
レベルアップをするための自分にとってのチャレンジになる案件の受注をしようとしていない
という傾向が強いと僕は思っています。

また最近では動画スクールの急激な増加とか、Youtubeで編集のノウハウが手に入ったり、
ツールの技術の発展が原因で、良くも悪くも能力を問わず動画編集ができる人が増えているので、
低単価の案件はだれでも受けられるようになって、Aさんのような稼げない動画クリエイターは
これからどんどん仕事の奪い合いをしていくことになっていきます。

ぼく達もBさんのように相手にとにかくgiveをすることによって、
本当の意味で依頼主の信頼を勝ち取っていく必要があるということをあなたにお伝えしたかったです。

それでは今日のお話は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。少しでも多くの人に、役に立つことがあれば嬉しいです。

今後も副業で動画編集をやっていきたいと思っている方に向けて、お仕事の取り方のコツとか、動画編集のお仕事の単価を上げるためには、何を身に着ければいいのかということを紹介していきます。

また僕の運営しているVIDEO LEGENDSという動画クリエイターのコミュニティでも、初心者からでも副業や独立するために必要な、動画編集で成功するためのノウハウを伝授しています。

売れる動画クリエイターになりたい方は、成功するための5つの秘密を公開中!
無料セミナー動画の視聴はLINE公式アカウントで!

『動画を収入にしやすい5つのジャンルとは?』
『短期間で動画スキルを上げるコツ』
『売り込まずに自然と売れる仕事の獲り方』
『安定収入を作るための仕掛け』
『未経験から動画のお仕事を獲得する方法』

VIDEO LEGENDSのLINE公式アカウント

稼ぎたい編集者がやってないこと

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!

無料ビデオ講座のご案内

この記事を書いた人

平尾としのりのアバター 平尾としのり VIDEO LEGENDS 代表

870名を超える動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS代表。元会社員で副業・未経験で動画クリエイターを始め、6ヶ月目には毎月60万の収入を得る。8ヶ月目に脱サラ。

目次
閉じる