MENU
今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!
無料ビデオ講座のご案内
ビデオレジェンズ 代表:平尾としのりKindle本
kindle本平尾としのり
未経験から6ヶ月で稼げる動画クリエイターになる方法 こちらをクリック!

未経験でも動画クリエイターになれる理由  第二話

稼ぐ第二話
URLをコピーする
URLをコピーしました!

今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!

無料ビデオ講座のご案内

こんにちは、動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ) 代表の平尾です!

前回の記事では動画編集者がなぜ求められているのか、稼げるジャンルはなにか、
についてお話させていただきました。

まだ見ていない方は前回の

の記事をまずはみてから、こちらにもどってきてくださいね。

よく質問で、実際にどのくらい稼げるんですか?というものが多いので、
今回特別にそういったメッセージにお答えしていけたらと思います。

全部ではなく一部ですが、価格も教えちゃいますね。

ということで、
今日はいつもとは違った感じであなたの最も気になる部分についてお話できたらと思います。

それではいってみましょう!

収入の内訳
目次

動画編集での収入の内訳は?

まずは「動画編集での収入の内訳が知りたい」という質問についてお答えします。。

やっぱりこれが気になりますよね、そうだと思います。

ただこれからお伝えする価格は、あくまで僕個人が受けた平均だったりで、
もちろん案件の規模によって上下するものなので、
他の動画編集者はもっと高い価格で取っているかもしれませんし、もっと安い場合もあるかもしれません、
もし僕に今後依頼したいと思ってくれてご連絡頂いても、これからお伝えする価格より高くなることもあります。

なので、これはあくまで参考程度に、と考えてくださいね。

動画撮影費用

まず動画を作るための素材を入手するところから始まります。
つまり撮影ですね。
撮影費なんですが、これはボリュームにもよるのですが、1日3万円から5万円頂いてます。
だいたい5万円が多いです。
これには交通費も入るので、あまりにも遠方であれば追加費用をいただきます。

動画編集費用

そして素材が整ったところで編集です。
編集に関しては前回の記事に記載していた稼げるジャンルの1つにあった対談動画を例にすると、10万円頂いてます。
これは約30分ほどの動画を作った場合です。もっと長い場合は追加でいただくこともあります。

あとこれも稼げるジャンルの1つにあったのですが、
もしこの対談動画のトレーラー動画、つまり予告編を作った場合、こちらも10万円です。
これは予告編なので、約30秒から2分くらいの動画になります。

対談動画に比べて短いのに同じ値段取れるの?っと思うかもしれませんが、
短い時間にインパクトを与えなければいけないので、長い動画よりも演出面や構成で工夫が必要で、
更に有料のコンテンツなど使う場合が多いので、僕はトレーラー動画でも編集に10万円頂いています。

これだけでも25万円です。

もしクライアントが対談動画を何本かに分けてシリーズにしたいと言ってきたら
更に10万円×(かける)プラス分、ここでは更に3本としましょう、
そうしたらトータルで55万円程になりますよね。
これが月に入ってきたら結構大きな収入じゃないですか?

でも実際にクライアントがつけばこんな感じで稼げるようになります。
けっこう夢があると思いますよね。

本業があるので週末しか活動できませんが、それでも稼げますか?

それでは続いての質問は、
「本業があるので週末しか活動できませんが、それでも稼げますか?」
という質問にお答えします。

答えは長期的に見ればYESです。

もちろんあなたがどれだけのものを期待しているかにはよるんですが、
先程の例でいくと、もしこの対談動画とトレーラー動画の編集をそれぞれ1本を1日でやれるようになる
と聞いたらどう思いますか?

実際に編集に慣れた場合、1日でできるようになります。
例えば撮影と対談動画の編集を月に一本ずつ受注し納品すれば、15万円の副収入を得ることが可能になります。
前の週の週末に撮影し、次の週末に編集するというやり方が取れます。

もし撮影が平日対応のみの会社であれば、撮影を別な方に委託し、編集のみあなたが行えば10万円はあなたの懐に入ってきます。

もちろん初心者がいきなり1日でできるようになるとは言いません。
長期的にと言ったのにはこの理由があります。
でも初心者であってもだいたい3~4ヶ月勉強すれば、できるようになります。

僕の教えているVIDEO LEGENDSという動画編集を教えるオンラインスクールがあるんですが、みんな数ヶ月で編集ができるようになっています。
実際に僕のYouTubeチャンネルの動画もまだ入会して数ヶ月の生徒さんがやってくれています。

今あなたは、動画編集をしたことがないから、スゴイと思うかもしれませんが、あなたも勉強すれば3~4ヵ月でこういった編集が簡単にできるようになります。

対談動画も同じような技術があればできるので、あなたにもできるようになります。

動画マーケティングや企画力でさらに単価アップを狙う

そして更に、動画マーケティングや企画ができるようになると、
さらにクライアントさんに提案ができて、仕事が生まれ、安定して毎月毎月依頼が来ます。

動画マーケティングについては、また別の記事で詳しく説明したいと思います。

実際にどのような企画の提案をするのかと言うと、
本来であれば、対談動画の撮影と編集だけでしたが、それに加えて企業のプロモーションでは対談だけでなく、
他にインタビュー動画や、セミナー、広告用動画など様々な動画が必要になります。
それを動画マーケティングの知識とともに提案するんです。
これにより企画・構成費というものを別に取ることができて更に売上を伸ばすことができます。

もし、あなたの技術不足や自分では受けきれない撮影などがあれば、
別の動画編集者に仕事を振って、あなたが対応できる編集の部分だけをやればいいんです。

もしクライアントが検討していた範囲でなかったとしても、
例えばあなたがお金を払う側のクライアントだったらと想像してみてください。
ただ動画を作るだけではなくて、『その動画をどのように活用していけば売上に直結できるのか
を考えて提案をしてくれたらどうでしょう?

実際にはもちろん予算の兼ね合いの問題も出てくるので、その時は提案を受け入れてもらえなかったとしても、
ただ動画を作って終わりではなく、
『ここまでしたらきっと成果につながる』と提案してきてくれるような人にまた仕事を頼みたい
と思いますよね?

提案するのはただですし、やらないよりはいいと思います。

もし予算に余裕や融通が利く会社であれば、クライアントはそれがいい提案だと思うのであれば、
予算を捻出してくれることでしょう。

とはいえ最初は実績がないし、なかなか胸を張って自信をもって今伝えた価格での提案ができない、
不安だという方もいるかも知れません。
そういった方は、慣れるまで自分の納得ができる範囲で低価格で依頼を受けてもいいかもしれません。

でもずっと低価格で受けてしまってはあなたは永遠に稼げるWinの状態になれませんから、
ポートフォリオ作りの為と割り切ってお仕事を受けることをおすすめします。

最後に

今日は僕がよく頂く質問を元に、
一部ではありますが、稼げる動画編者の価格の内訳についてお話させていただきました。

前回の記事では稼げるジャンルをご紹介し、今回はその稼げるジャンルでどのくらい稼げるかをお話しました。

次回は、今回すこしお話した動画マーケティングによる、
売れる動画の作り方や企画・提案・受注方法などをお伝えできたらと思います。
もし興味を持っていただけたら、僕のやっている動画スクールのLINE公式アカウントのボタンから見てみてください。

それでは今日の記事は以上になります。
最後までご覧いただきありがとうございました。


動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ)では、独立するため、動画編集で成功するためのノウハウを公開中。

無料セミナー動画の視聴はLINE公式アカウントで!

『動画を収入にしやすい5つのジャンルとは?』
『短期間で動画スキルを上げるコツ』
『売り込まずに自然と売れる仕事の獲り方』
『安定収入を作るための仕掛け』
『未経験から動画のお仕事を獲得する方法』

VIDEO LEGENDSのLINE公式アカウント

稼ぐ第二話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!

無料ビデオ講座のご案内

この記事を書いた人

平尾としのりのアバター 平尾としのり VIDEO LEGENDS 代表

870名を超える動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS代表。元会社員で副業・未経験で動画クリエイターを始め、6ヶ月目には毎月60万の収入を得る。8ヶ月目に脱サラ。

目次
閉じる