MENU
今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!
無料ビデオ講座のご案内
ビデオレジェンズ 代表:平尾としのりKindle本
kindle本平尾としのり
未経験から6ヶ月で稼げる動画クリエイターになる方法 こちらをクリック!

稼げない動画クリエイター3つの特徴

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!

無料ビデオ講座のご案内

こんにちは、動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ) 代表の平尾としのりです!
今回は「稼げない動画クリエイター3つの特徴」についてお伝えします。

稼げている動画クリエイターが何をしているのか、逆に稼げない動画クリエイターがどんなことをしているのかという疑問、ありませんか?
このブログを見てもらって少しでも多くの方が自分の力で稼ぐという力をつけてもらえたらなと思っています。

それでは内容に入りましょう。

目次

独立している動画クリエイター

僕の身近では動画クリエイターとして独立する人が多くいますが、独立駆け出しで稼いでいる人は、だいたい月収で50万円~100万円くらいのレンジで稼いでいます。

副業でやっている人も最近だと10万円~15万くらいコンスタントに稼ぐ人がいますし、僕の場合も副業時代は2ヶ月目で毎月13万円くらい、6ヶ月目で月60万円くらいという感じで伸びていきました。

初心者だけど動画クリエイターとして仕事をしてみたい、すでに動画の仕事をしているけど今以上にどうやって稼いでいこうかと思っている、という人もいますよね。いま動画制作をする人が増えてきている中で、やっぱり稼げていない動画クリエイターも少なからずいて、そういった動画クリエイターにはある共通点がある、ということがわかったんですよね。

稼げていない動画クリエイターが、動画編集が下手かというと別にそんなことはないんですよね。

僕が運営しているVIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ)は、動画スクールという役割もあるので、僕も講師としてたくさんの宿題を見る機会があるんですが、皆がんばっていて課題を進めるごとにどんどんクオリティも上がっていっています。

でも、そんな人でも実際稼げているかといったら、全員が全員そういうわけじゃなくって、たとえば「先月の収入は2万円でした」とか「まだお金取れるレベルじゃないです」っていう感じで、思ったように稼げてない人も中にはいます。

もちろん稼ぐことが全てではないですが、動画を仕事にしていきたいと思っている人たちなので、収入の多い少ないは重要な指標です。

こういう稼げていない人たちに共通している特徴っていうのがあるので、それをご紹介していきますね。

稼げない動画クリエイターの特徴 その①

それは正しいやり方を知らないこと」です。
たとえば、最初は自分で撮った動画の編集とか、友達に動画を作ってあげたりとか、それから動画編集の副業を始めて、皆ランサーズとかココナラ、クラウドワークスみたいなマッチングサイトで動画編集の仕事を取るんですね。

そういった仕事の取り方が、結局は低単価で多くを稼げないってことはもうご存知ですよね?
でも、多くの動画編集者やクリエイター達が、動画を初めて1年経っても2年経っても同じようなことをしているんです。

ランサーズとかのサイトでは低単価なので、次に何をするかというと、少し人気の出てきた中堅YouTuberに営業をかけて、自分の実績とか見せて、動画編集の仕事をもぎ取る。

でも、このようなやり方でやっても、よっぽど良いクライアントに運良く出会えない限りは、1本の単価なんてせいぜい良くて1万円くらいです。

毎日配信するYouTuberだとしても、月に30本、30万の稼ぎになるけど、その量の動画編集を1人でこなすなんてことは不可能に近いです。なので、編集チームを組んで、1本当たり5000円とか払って、20本くらいは外注することになる。

それだけで10万円が経費として発生するわけで、しかも、20本外注したくらいでは自分の労力は減るといっても、まだまだ新しい仕事を受ける余裕なんてない、っていうのが実情です。

しかもこの例だと、副業だとそもそも不可能な仕事量になっていますよね。

自分の時間を動画編集にフルコミットしてやっとできる分量です。
寝る時間を削ってなんとかかんとかやれるような、です。

それで月の稼ぎが20万円、年収240万円。
・・・とても稼いでいるとは言えない金額です。

じゃあどうやって稼ぐのか?というと、詳しくはまた別の記事でお伝えしようと思いますが、まず前提として企業をクライアントにすることです。

そして、成果にコミットした動画を作ることです。簡単に言うと、「動画1本いくら」という形で時給で働くんじゃなくて、企業の売上をアップさせるような動画を作って、その売上アップの対価として報酬をもらいましょうということです。

これだけであなたが1回動画編集する対価は、何倍にも跳ね上がるんですね。

じゃあ企業の仕事をどうやって取るのか、そういった方法についても、いずれまた詳しくご紹介したいと思います。

稼げない動画クリエイターの特徴 その②

2つ目は「情報収集力が不足している」ことです。
これは少し抽象度の高い話になりますが、すごく大事なことなのでしっかり読んでほしいです。

収入が跳ね上がらない人の特徴として、1人でなんとかしよう、とか1人で問題解決しようとしている事が多い傾向にあります。どんな仕事でも、ビジネスで結果を出していこうと思ったら情報収集というのが本当に大事なスキルになります。 

仕事を取れたとして知っているからできること、知らないからできないこと、その差が成功者と失敗者を分けていくわけですね。

稼げていない人が稼げていない状態で思いつく方法は、稼げない情報なんです。これは酷な言い方ですが、事実としてそういう傾向はあります。

自分の理想とするライフスタイルの人が発信する情報を掴みにいきましょう

自分基準の良し悪しのフィルターを一旦外して、いかにして成功者の発する情報を手に入れて、それをどれだけ素直に実行していけるか。そこにあなたが稼げる動画クリエイターになるための秘訣があります。

例えば年間1億稼いでいる動画クリエイターが世の中にいますが、1億円プレイヤーの近くで同じ領域で仕事をして、年収1000万で終わるなんてことはまずありません。基準値が否が応でも上がるからです。
お金を出して価値ある情報をどんどん取り入れていきましょう。

僕も、動画を学んで最速で仕事として食べれるようになるために、情報に投資してきたわけです。
「でも世の中の情報って、どれが価値ある情報って判断すればいいの?」とか、「その情報の値段が見合ってるかどうか分からないよ」って疑問に思うかもしれませんが、情報に投資するかどうかの判断基準は、「その情報によって自分が得られるメリットがその情報の価格の10倍以上であること」これをひとつの目安にするといいと思います。

勉強するっていうお金じゃなくて、それ以上の価値を生み出すための投資をした、という考え方です。

稼げない動画クリエイターの特徴 その③

稼げない動画クリエイターの特徴の最後3つ目です。
3つ目が何かというと、行動しないことです。これもまた本質なんですけど、めちゃくちゃ人によって差が出ます。

なぜ行動しないと稼げないのかっていうと、言うまでもないかもしれないですけど、仕事を取れないからですね。

もちろん営業という意味でもそうなんですけど、行動力がある人とない人との差がどういうところに現れるのかというと、たとえば僕のいるVIDEO LEGENDSという動画クリエイターコミュニティでは、よくFacebookグループでお仕事の募集をかけてるんですよ。

こういう案件の編集の仕事で、報酬はどれくらいで、やりたい方いますか?みたいな。

そういう投稿にいち早く手をあげて、たとえ単価が安かったとしても案件をどんどんこなしていく人っていうのは自然と報酬の総額も単価も上がっていきます。

なぜかというと、そういう案件を獲得することで得られることっていうのは、報酬だけじゃないからです。
その案件を通して得られる経験であったり、そこで得られる人間関係が大事なんです。
案件を受けることによって、任せられた仕事はなんとかしてやり遂げようとしますよね。
もちろん困った時は頼れる仲間がいたりするから、なんとかなるというのもあるんですけど。

で、その案件をやり遂げる中で必要なスキルであったり、効率的な作業のノウハウっていうものをいくつも学んでいくわけです。あとは、その案件を真面目に誠意をもってこなしていたら、その姿勢は仕事を振ってくれた人にも伝わります。
技術が多少追いついていなくても、またこの人にお願いしよう、と意識の中にインプットされるんですよね。
動画制作の仕事を依頼したい人も、そんなにたくさんの依頼先をもっているわけでもないので、やっぱり一度依頼して、問題なく意思疎通できて納期を守って納品してくれた人に対しては、また何かの動画制作を誰かに依頼しようと思った時に、自然と思い浮かべてもらえる。というわけです。

なので、どんどん次の仕事につながるというのがあるんですね。

チャンスを掴む人が何をしているかっていうと、
「行動する」ということだけ。
これに尽きると思います。

例えば動画を作りますよっていう営業をするにしても、ビジネス系のセミナーに参加して「動画クリエイターです」って自己紹介すれば、仕事のひとつやふたつは飛び込んでくる事があります。今はそういうタイミングです。

セミナーに出てみようかなと思ってから、申し込む、お金払う、出席する、発言する、っていう、普通だったらどこかで躊躇してしまいそうな行動の先にのみ、成果や仕事があるんですよ。
逆にこの「行動する」ということをできていない人が本当にたくさんいるので、チャンスが回ってきた時にいち早く行動できるっていうだけで、ライバルに圧倒的な差をつけることができます。

以上、今回は「稼げない動画クリエイター3つの特徴」をご紹介しました。

最後に

今回は「稼げない動画クリエイター3つの特徴」という話でした。
かなり本人のやる気とかマインドセット的な部分によるところも大きいとは思います。

でもこれから副業をしてみようという方、独立したいという方、起業をしたいという方、どんなビジネスでどんな仕事をしていく上でも、とっても大切なことなのでぜひ覚えておいてほしいと思います。

動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDSでは、独立するため、動画編集で成功するためのノウハウを公開中。

無料セミナー動画の視聴はLINE公式アカウントで!

『動画を収入にしやすい5つのジャンルとは?』
『短期間で動画スキルを上げるコツ』
『売り込まずに自然と売れる仕事の獲り方』
『安定収入を作るための仕掛け』
『未経験から動画のお仕事を獲得する方法

VIDEO LEGENDSのLINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!

無料ビデオ講座のご案内

この記事を書いた人

平尾としのりのアバター 平尾としのり VIDEO LEGENDS 代表

870名を超える動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS代表。元会社員で副業・未経験で動画クリエイターを始め、6ヶ月目には毎月60万の収入を得る。8ヶ月目に脱サラ。

目次
閉じる