MENU
今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!
無料ビデオ講座のご案内
ビデオレジェンズ 代表:平尾としのりKindle本
kindle本平尾としのり
未経験から6ヶ月で稼げる動画クリエイターになる方法 こちらをクリック!

【30代】動画編集を副業にできる3つの理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!

無料ビデオ講座のご案内

こんにちは、動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ) 代表の平尾です!

30代から動画編集を0から学ぶのは遅いんじゃないか、そうあなたは思ったことありませんか?
今回は会社員をしながら副業を考えている人に特に見てほしい、30代で動画編集を副業にできる3つの理由についてお話していきます。

30代となると、会社に勤めて仕事にも慣れて、社会人経験がある程度ある人がほとんどだと思います。僕はだからこそ副業するタイミングとしては有利だと思っているんです。
そのポイントを紹介していきます!

そもそも給料を増やしたいと思って、転職を考えたとしても、30代を超えてくると家庭の事情や今の役職とか、そういった物があって簡単には転職できなくなります。新しいことに挑戦しづらくなると感じる状況ってあると思います。転職を考えるときも20代のほうが有利ですよね。

転職が難しくて、副業を考えているなら、結論としては、30代からでも動画を副業にすることはできますし、僕自身むしろ30代以上だからこそチャレンジするべきだと思っています。

今始めようかどうしようかと迷っている方も始めようってなると思うので、最後までみてみてください。

目次

動画編集は難しくない

挑戦すべき理由の1つ目は「動画編集は難しくない」です。
編集ソフトの機能すべてを最初からマスターする必要はありません。基本的なカットやテロップ入れなどは編集ソフトの中でもごく限られた機能です。必要な機能だけを触っていたらすぐに覚えられるし、一番使っているユーザーが多いAdobeのPremiere proを使えば、わからないことがあったときにネット上でたくさんの情報が出てきます。

分からない時にググる、YouTubeのチュートリアルを見てマネしてを繰り返していくと慣れていきます。そもそも調べることが苦手だったり、めんどくさがりでコツコツ作業なんてしたくないという人は論外ですが、基本的な事を地道に積み上げていくことができれば、問題ないです。

でも、動画編集って難しいと誤解されることが多いです。だから興味はあるけど手が出せなかったり、挫折しちゃうんじゃないかと思う方が多いのも事実です。

じゃあ、なんで難易度が高いものと思われやすいと思いますか?僕の経験上理由は2つあると思っています。

技術が足りていない

1つは、そもそも技術が足りていないっていうことです。
分からないうちはできないことがあったり時間がかかっちゃうことは当たり前です。だから技術を1つ1つコツコツ身に着けていけば、難しいとはなりません。

理想が高い

もう1つは、プロみたいな編集を最初から目指しすぎちゃうことです。理想が高すぎるということですね。

例えば、YouTubeの動画編集の場合、YouTubeをざっと見てみると、トップYouTuberの動画がたくさん見れますよね。こういった動画を参考にしてみて、自分で編集をしてみると、「難しい」と感じることってあります。それは当たりまえで、トップYouTuberの動画はプロレベルの動画編集者が担当していることが多く、当然ながらレベルが高いです。

プロのクリエイターがいる世界なので、学び始めたばかりの時期は、自分の実力を比べてしまうと動画編集は難しいと感じてしまうでしょう。でも大丈夫です。地道にコツコツ積み上げて行くことができれば、実力は必ず上がっていきます。

20代よりも今のお仕事に慣れていて余裕がある

挑戦すべき理由の2つ目は「20代よりも今のお仕事に慣れていて余裕がある」ということです。

余裕があるというのは、本業からの安定収入があるという点とビジネスコミュニケーションにおいて余裕があるという2点があります。会社員だと、毎月安定してお金が入ってくるという安心感がありますよね。副業は最初から稼げるわけじゃないので、他に収入の柱があると、たとえ副業で収入が0だとしても、リスクを分散することができます。

あとは、就職したばっかりとかではなくて、社会に出てから仕事をだいたい2〜3年した頃というのは少し仕事の流れが見えてきている頃ですよね。報連相は当たり前のようにできるし、ビジネスコミュニケーションもできる。ビジネスマナーが身についていないことで起こることは、仕事が取れなかったり、仕事を継続してもらえるかどうかということにも関わってきます。

社会人経験がある人は、意識していなかったとしてもビジネスマナーがしっかりと身についている人が多いです。副業するなら、今の仕事がある程度こなせてきていてバランスを取れるようになっている頃が一番いいです。就職せず社会経験がないことで苦労しているというフリーランスも実は多かったりします。だから社会人経験があるということは強みなんです。会社勤務で人との繋がりが持てたり、業務として何かしらのビジネスに関わることができる機会も多いです。

信用を積み上げるスキルは、社会人経験がある30代だからこそ、丁寧です。その積み上げが結果的に、継続案件をもらえたり、長く付き合うクライアントの出会いが生まれたりします。

仕事を発注する側からすると年齢は関係ない

挑戦すべき理由の3つ目は「お仕事を発注する側からすると年齢は関係ない」。
仕事をお願いすることが多い僕の意見としては、クライアントが重要視するのは年齢ではないです。僕も今ではお仕事をお願いする側になることがほとんどなんですが、重要視しているのは

・コミュニケーションが取れる
・責任を持ってお仕事する
・対応がしっかりしてる

という点です。

社会経験がある方がこういったところで強みが出ます。
そしてむしろある程度社会人経験がある30代のほうが、人との繋がりを持っているので最初のお仕事はそういった繋がりから来ることも多く、30代以上のほうがお仕事獲得の面で有利なんです。

僕の運営するVIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ)の仲間でも、現在41歳の某ビールメーカーのベテラン社員Kさんという方がいるんですが、この人は30代どころか40代です。Kさんは本業でもバリバリ営業マンとして成績を上げながら、副業で初心者から動画編集を始めました。今ではVIDEO LEGENDSでも目立って活躍されていて、さまざまなジャンルの動画を編集しています。レスも早いし、仕事は丁寧だし責任感もあります。
今では本業でも副業でもバリバリ稼いでいらっしゃいます。しかも本業で営業が大得意ということですから、もし動画クリエイター1本でガチで活動したら、仕事獲りまくりで大活躍していきそうな予感がしますね!

このように30代以上から動画編集を始めて、副業に成功されてきた人も身近に見てきたので、年齢であきらめる必要は全くありません。

最後に

いかがだったでしょうか。30代からでも動画編集を副業にできる3つの理由、おさらいすると、
1つ目は動画編集はコツコツ積み上げて行けば難しくはありません。でも、自分で調べたり勉強することはもちろん必要です。

2つ目は、20代よりも今のお仕事に慣れていて余裕があるということです。会社で培ったスキルはコミュニケーション力から、仕事をこなす能力まで、幅広く活きてきます。

3つ目として、お仕事を発注する側からすると年齢は関係なく、副業を始めるにあたって年齢で躊躇する必要はないということです。だから動画編集を始めるのに遅いということはないってことです。

今回の動画をきっかけに、あなたが1歩踏み出す後押しになれたらうれしいです。


動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ)では、独立するため、動画編集で成功するためのノウハウを公開中。

無料セミナー動画の視聴はLINE公式アカウントで!

『動画を収入にしやすい5つのジャンルとは?』
『短期間で動画スキルを上げるコツ』
『売り込まずに自然と売れる仕事の獲り方』
『安定収入を作るための仕掛け』
『未経験から動画のお仕事を獲得する方法』

VIDEO LEGENDSのLINE公式アカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

今後も安定的に稼ぎ続ける動画クリエイターになるための3STEPビデオシリーズ!

無料ビデオ講座のご案内

この記事を書いた人

平尾としのりのアバター 平尾としのり VIDEO LEGENDS 代表

870名を超える動画クリエイターコミュニティ VIDEO LEGENDS代表。元会社員で副業・未経験で動画クリエイターを始め、6ヶ月目には毎月60万の収入を得る。8ヶ月目に脱サラ。

目次
閉じる